発達障害だって、頑張るもん!

発達障害児のママ・ココのリアル育児!

時計が読めない?

こんにちは!ココです。

来ていただいて、ありがとうございます>^_^<

 

さて今回は。

● 時計が感覚的に読めない!

 

 どこの幼稚園もそうなのかは分かりませんが、息子の幼稚園では卒園までに「時計が読める」という目標がひとつ、ありました。

先生が「今、何時何分?」と聞くと、「10時36分!」とほとんどの子が即座に答えてました。上に兄弟がいる子や、頭の回転が速い子なんかは、あっという間に覚えていたようでした。

でも私は、幼稚園は社会性を習得する場所、という考え方だったので、あまり熱心には教えませんでした。違う地域にいる友達に相談した時も、「えー?時計なんて小学校で習うじゃない。そのうち覚えるよー」と笑われたので、そーだよねー、と安心していました。

しかし数週間後、ショッキングなことが。

 

小学校の就学時健診で、校長先生が話されたんですね、「小学校入学までに、時計は読めるようにしておいて下さい」と。

「小学校では、何時何分から授業が始まる、次の授業開始は何分、なので休み時間は何分間、というように、時計を見ながら自分で行動します。時計は読めるだけではなく、9時から10時15分までは何時間何分か、11時半までにプリントを終えるにはあと何分間あるか、という時間の長さや計算も、入学前までに習得させておいてください」。

9時から10時15分までは何時間何分あるか、なんて小学校3年生の算数問題ですが、まあとにかくそう言われたわけです。驚愕…。

でも別に、まわりに座っていた父兄の皆さんは平然とした顔でした。もう時計、ほぼ分かるんでしょうね。ああ、そーなんだあ…みんな教育熱心だな。

 

しかしながら、そう言われたからには、取り組まなければなりません。早速書店に行ってドリルを選んで買ってきました。

幼稚園児にとって、「お勉強」のはじめは、とてもワクワクしたものです。なんだかお兄ちゃんになった気がするんでしょうね。息子も当然、はりきりました。…3問目までは。

それは時計の文字盤がイラストに書かれてあるもので、その時間を読むのですが、まあ、とんでもない時間がかかりましたね。教える私もイライラMAX!でした。

当然12時、3時とかの簡単な時間しか習得せずに小学校へ入学しました。

 

まあそんなわけで息子はお馬鹿さんなんだろうと思ってたんですが。意外にもそうではなく。算数、悪くないんですよ、学力テストすれば。しかしながら時計だけは。なぜかダメでした。

 

時計の単元の頃は、毎日色々な種類のドリルや指で動かす時計を使ったりして教えてみたんですが、とんちんかんな答えがよく返ってくる。

なのに、出題形式が変わると全て正解。

なぜだ…。

 

そこで、なにがダメなのか毎日やらせて分析してみたところ、どうも「時計の文字盤を読んで答える」のがダメらしい、ことに気付きました。

例えば、「2時から4時半まで何時間ありますか?」は「2時間30分」とさらっと答えられるのに、これが文字盤で出題された途端、「1時間30分…?」。

どうやら時間を数字と捉えて「式をたてるように計算する」のは OKなんだけど(4.30−2.0=2.30、のように)、時計の「文字盤」を見て答える、のがダメなようでした。

しかし、学校の時計はデジタル時計ではないわけで。いずれは文字盤も読めるようにならなければ困ります。

そこで主人と相談した結果、「学校にあるようなザ・時計を買おう!」ということになりました。

 

かくして「ザ・時計」を買い、リビングに設置して毎日時計を読ませた結果。

3週間後にはほぼ読めるようになりました!(その後1ヶ月経過したら完璧にマスター!)

もちろん、「今7時20分だよ。8時にはベッドに行くね。何分遊べそう?」「40分!」という残り時間の計算も、文字盤を見ながら問題なく出来るようになりました。

 

発達障害の子の苦手とするものやその克服方法は、100人いれば100通りです。医師や本の言う「これでできる!」という色々なやり方を試しても、ぜーんぶダメだった…ということは日常茶飯事。

でも、自分では思いつかなかった誰かのやり方で上手くいくことも、たまーにあるんです。

ダメもとでも、じゃあやってみようかな…と思った方がいらっしゃって、結果「あ、このやり方合ってた!」という子が一人でも出たら。

すごく、すごく、嬉しいです!

 

次回は、実際に買った時計の詳細を書いていこうと思います。