発達障害だって、頑張るもん!

発達障害児のママ・ココのリアル育児!

ドライヤーを活用しよう!

こんにちは!ココです。

来ていただいて、ありがとうございます!

 

今回はちょっと前に書いた「ツボ」の記事に関連して。

 

● ドライヤーでお灸効果

 

何だか簡単そうな「ドライヤー」という響きに、思わず手に取った本。その名もズバリ、「ドライヤーお灸」。ツボにちょっと興味を持った時だったので、「お灸」という言葉にも引かれて読んでみました。

  

この身柱のツボは、子供の健康増進にも効果があるそうです。

 

大人にも効果ありそうですけどね。

私は極度の冷え性なので、冬はホッカイロをよく利用します。床が寒々しい美容院に行くとき、スキー場、冬のイベント、調子が悪いとき…。

我流ですが、身体の1箇所だけにホッカイロを貼る場合、ちょうどこの身柱の辺りに貼っておくと結構全身暖かく感じます。なので、冬場はホッカイロ1つをいつも携帯していて、寒さを感じた時や風邪をもらいそうなときなどに身柱の辺りに貼っておくと、快適に過ごせるんですね。

 

随分前に冷え性関連のパンフレットで読んだのがきっかけだったように思うのですが、

体温を上げる効果があるようなので、健康増進、確かかもしれません。

 

この本によると、ストレスに対抗するセトロニンという神経伝達物質は、体温が下がると生産性が悪くなるらしいとのこと。

ドーパミンノルアドレナリンなどの、同じく神経伝達物質の働きが不十分なADHDの子たちには、「神経伝達物質」をスムーズに生産・働かせるきっかけになるツボなのかもしれませんね。

 

 

そんなわけで早速実践です。

やり方は至って簡単で、ツボのあたりにドライヤーの温風をあてるだけ。熱くなってきたらドライヤーを離し、熱さが弱まってきたらまた温める。これを1、2分。簡単ですよね。

 

身柱の正確なツボの位置は、

「頭を前に倒して首の後ろを触ったときに、付け根に突き出た骨があり、ここから三番目の骨の下にあるくぼみ」

だそうです。まあドライヤーの温風は広範囲を温めてくれるので、だいたいこの辺、ってところを温めればいいようです。このアバウトさがいいですよね。ツボなんて、素人には正確な位置、分かりませんからね(^^ゞ

 

この通り、前回書いた「肩甲骨と肩甲骨の間」は正確な身柱のツボではないことが分かりました。もう少し上だったんですね。でもツボって人によって位置が違うそうなので、「ここが気持ちいい」って場所がその人にとってのツボなのかもしれません。

 

本当は朝晩2回やると効果的なのだそうですが、私はお風呂から上がって髪を乾かしてあげるときに、ついでという形で息子にやってます。単純に「気持ちいい」そうですよ。

これが癇癪に効くかどうかは長い長い時間をかけないと分からないでしょうが、健康増進や温活、リラックスには多少なりとも効果はあるのではないかと期待しています。

この本によると、効果はお灸と変わらないそうです。すごいですね!

 

私も息子にやったあと、「手三里(てさんり)」というツボを温めています。肩が激しく凝っているので、楽になったらいいなあ、と…(^-^;

 

他にもたくさんのツボがあるので、興味がある方は試してみてくださいね。

髪を乾かすついでに簡単にできちゃうので、おすすめです。