発達障害だって、頑張るもん!

発達障害児のママ・ココのリアル育児!

音楽療法??

こんにちは!ココです。

来ていただいて、ありがとうございます。

 

今日は癒しのお話。

 

● 息子流音楽療法??

 

 

さてさて。ソウゼツな時間を日夜修行していくママにとって、癒しの時間はとても重要です。しかし、ときめきや趣味と言われて、「…私って何が好きだった…??」と真剣になって考え込んでしまう私には、「癒し」と言われても全く思いつかず…。

 

そんなある日、片付け物をしていて、ずっしりとした籐のかごを棚の奥から掘り出しました。ものすごーく重いソレは、何年も聴くのを忘れていたCDたちでした。

あー、こんなものあったなあ…。

 

音楽なんてしばらくちゃんと聞いてなかった私。息子が産まれる前までは、普通に音楽が生活の中に存在していたのに。好きな曲が車や部屋の中に、そよ風のように流れていた頃。

いつから音楽を聴くのを忘れてしまったんだろう…。

 

久しぶりにCDをプレーヤーに入れて、聴いてみました。取りあえず手前にあった、クラシックのちゃんぽんCDを。

それは「アヴェマリア」や「子犬のワルツ」などの有名どころが、各々3~5分程度ずつ入っているCDでした。そこに、休日でゆっくり朝寝をしていた息子が起きてきました。

 

いつも不機嫌な顔をして、何かにイラつくように唸りながら起きてくる息子でしたが、この日はドアを開けてリビングに入ってくるなり、

「…あ、いい曲」

と言って、スピーカーの前に座り込んだのです。

 

 

え…?いい曲?なにが?

ボーッとして聴いていた曲を慌てて確かめました。それはバッハの「プレリュード」という曲でした。

パイプオルガンで弾かれた、典型的なバロック音楽です。

 

そのCDでは1分半の長さしか演奏されなかったのですが、息子は曲が終わってからも「いい曲だねー」と笑っていました。

 

…凄いっ…!なに、この朝一番の笑顔はっ?

クラシックだからか?そー言えばモーツァルトが胎教にいいって言うので、私は妊娠中によく聴いていたけど、やっぱクラシックってのはそんな癒しの効果があるのか??

 

私は興奮しながらその後もCDをかけ続け、息子の反応を見ていたのですが。

 

ショパンもドビッシーも、あの植物にも酒造りにも絶大な効果を発揮していると言われる、ヒーリングの王様モーツァルトも、あまり反応はしませんでした。

試しにもう一度「プレリュード」を再生させると。また、息子はスピーカーに耳を傾けていました。

 

それからしばらくして、学校のカウンセリング室に息子とカウンセラーさんと、もう一人の児童とで質問ごっこをしていたときです。

「好きな音楽は?」という質問に、息子は

「あれ、何だっけママ、バッハの…」「…プレリュード…??」「そう、プレリュード!」と元気よく答えていました。

え…?そんなに好き??

 

そこで私は、レンタルCDでバッハの作品を借りてきました。しかしバッハなら何でもいいというわけではなく、「プレリュード」に似たような旋律のもので、且つパイプオルガンで演奏されたものが息子の好みである、ということが分かりました。

 

へえー、そーなんだあ。

モーツァルト発達障害で、落ち着きを得るために「自分で心地よい」旋律を作曲していた、と言われているそうですが。同じ発達障害でも、「心地よい」と感じる旋律はやはり人それぞれなんですね。

 

 

ちなみに、バロック音楽はテンポが安定しているのでリラックス効果があると言われているそうです。

 

かくいう私も、モーツァルトよりはバッハの方が好みでしたね。小学生の頃にちょっとだけピアノを習っていたのですが、バッハの曲をピアノの先生から練習曲として渡されたときは、本当に旋律が綺麗で、めずらしく何回も練習したのを覚えています。(今は全く弾けないなあ…。残念な私…( ̄▽ ̄) )

 

ところで、発達障害児向けの音楽療法というものもあるようですが。

こちらは主に、音楽を聴いたり演奏したりすることで自己表現力を養ったり、リトミックのように音楽に合わせて体を動かして運動機能を伸ばしたり、集団で音楽活動することによって社会性を培ったりすることができるようです。

 

 

息子はリトミックも集団での活動も嫌いなので(苦手ではない。嫌い。ここ、難しい…(一一") )、息子にはこの選択肢はありませんが、「うちの子には合うかも!」と思う方は、療育の選択肢の1つに取り入れてもいいかもしれませんね。

 

そんなわけで、最近は毎朝音楽を流しています。毎回機嫌よく、というわけにはいきませんが、理由もなく苛立つ気持ちを緩める効果が少しはあるようです。

大人でも、音楽で気分を切り替えられることってありますよね。

 

その子によってノリノリのロックが良かったり、アルファー波音楽が良かったりと、心地よさはそれぞれでしょうが、何かひとつでも、「気分いいな(*^^*)」と感じられる音楽が見つかったらいいですね。

 

私もレンタルCDで自分の好きなジャンルを探し始めました。(ネット上よりもジャケットを片手にゆっくりCDを選ぶのが好きです)

長年求めていた「癒し」がひとつだけ、見つかったようです(*^-^*)

 

 

coco-hattatu.hatenablog.com