発達障害だって、頑張るもん!

発達障害児のママ・ココのリアル育児!

1dayプランボード

 

 

こんにちは!ココです。

来ていただいて、ありがとうございます>^_^<

 

さて今回は。

● プランボードで癇癪の少ない夏休みにしよう!

 

 夏休みがいよいよ始まりました。息子は今日も早速朝から癇癪起こしまくりです。

今の彼の気持ちは「夏休み」という天国の中をふわふわしています。学校が嫌いなわけではないのですが、「着席していなければならないのに出来ない」授業のない休日は、単純に嬉しいのでしょう。

 

しかしながら長い夏休みには、結構な宿題があります。夏休み初日を、「初日だから」と甘い目で見てあげていたら、それがしっかりと刷り込みされてしまいます

一度刷り込みをされると、「甘めの初日」を引き合いに出して、あの時はあーだったのに何で今日はダメなの?!と癇癪を起こされることが目に見えています。

ですから、情けは無用!毎日無理なく「宿題」や「習い事」、「お出かけの予定」をこなしていくには、綿密な計画が必要です。

 

まずは、学校から出た宿題や課題の種類を把握します。これは絶対。夏なので溶連菌感染症やらプール熱やらにかかる可能性もあるので、余裕をみて、お盆前には終わっておきたいなあ、と期限を設定

 

 

それから、授業をほとんど受けていないのと同じ状態の彼の場合。1学期に習った国語、算数、理科、社会の範囲を担任の先生にお聞きして。(習っている範囲もよく分かっていない息子。最悪じゃ…。)

これだけはやらせたい、という学習範囲を決めます。

 

全部はもちろんできないので、ポイントを上手く絞っていくといいですね。

 

彼の場合は、漢字をなかなか覚えないので(それは毎日ある漢字の書き取りノートを1枚もやっていないから!)、漢字と。

 

算数は積み重ね教科なので、個人的には一番手が抜けないなあと思う教科。なので算数はとにかく毎日必ず数問でもやれるように。算数は、問題慣れもありますからね。

 

理科、社会はさらっと要約された薄ーいドリルを数日くらい。

 

この、家庭学習的な部分は、学校の宿題が終わるまではちょっとずつ、終わったら量を増やしていくことにしました。

 だって一学期の通信簿、凄いことになってましたもの(T_T)

 

勉強が嫌いで、箸にも棒にもかからない状態なら、「勉強は諦めるかぁ…」ってなるんですけど。

 

本人、勉強は嫌いじゃないし、むしろちゃんと出来るなら授業を受けたいと思ってる。そして、気持ちが落ち着きさえすれば高得点?を打ち出せるんです。

 

親ですからね、1%でも可能性があるなら、やっぱり伸ばしてあげたい!とつい思ってしまいます。私、完全な親バカです(>_<)

 

そうして二学期は、30近くある通信簿の評価の、たった一つでも上がってくれたら。「僕は何にもできない!」という彼の劣等感が薄れてくれるのではないか?

そう思うのです。

 

そこで、サブツールとして、1dayプランボーを置くことにしました。

…なんて、凄いものではないのですが、これです。

 

f:id:coconokurashi:20180723203450j:plain

100円ショップのホワイトボードを、ダイニングテーブルの脇に設置しました。

 

前日の夜に、私が大まかな時間割を書いておきます。

これは、あまり細かく設定しないのが肝心。完璧主義の息子は、時間通りにやれなかった場合、またまた癇癪を起こしてしまうからです。

 

集合時間の決まっているラジオ体操や、参加予定の行事、習い事などを中心に書き、その隙間時間に勉強をしようね、という無言の提案です。

 

学校はきちんと時間割が決まっているので迷いませんが、夏休みはやることが不規則に配置されるので、頭の中をさらりと整理させる必要があるのです。

 

息子のように、突発的な行事や時間割の変更にストレスを感じない子は、この程度のゆるっとしたプランで大丈夫だと思います。プランの変更にパニックを起こすお子さんなら、もう少し細かく設定された方がいいかもしれませんね。

 

ちなみに、時計を読むという勉強の、素晴らしい復習になります!

時計、読めるようになったからといって時計を読む習慣を減らすと、また曖昧になりますからね(笑)

 

息子はこのプランボードを朝食を食べながらちらりと見て、「じゃあこの時間と車の移動時間に2つはやるかな」と言ったりしています。

 

決められた1日の課題をクリアしたら、毎日ちっちゃなご褒美がありますから。そのご褒美をゲットするために、頑張っているようです。

 

私の課題は、ホワイトボードの汚い字を綺麗に書けるようになることかな(^_^;)