発達障害だって、頑張るもん!

発達障害児のママ・ココのリアル育児!

上履きがあちこちに

こんにちは!ココです。

来ていただいて、ありがとうございます>^_^<

 

さて今回は。

 

● 上履きが教室に分散しています!

 

 私は毎日息子の小学校に行きます。小学校への車での送迎の他に、スクールカウンセラーの先生とお話しをしに行ったり。

大事な書類などを息子が忘れてきて、今学校から帰ってきたのにまた戻ったり。激しすぎる癇癪に学校から緊急呼び出し食らったり。(非行少年か…)

 

大きめの小学校ですが、年度始めの1ヶ月位で全学年の先生だけではなく、管理栄養士の先生や用務員さんまで、一人も漏れずに覚えられています、多分。(息子は勿論、私も…)

職員室顔パス(^-^)v (誉められたことではない…)

 

息子の教室にもよく入るのですが、ちょっと不思議なことが。

何故か行くたびに彼は上履きを履かずに靴下のままなのです。

冬でも冷たいPタイルの上を走り回っています。

 

「何で靴無し?上履きはどこ?!」

と探すと、一つは後ろの席の子の机の下、もう一つは廊下に…。

最初の頃は、靴を隠される意地悪をされているのかと心配しましたが、本人に聞くとどうも自分から上履きを脱いで蹴っ飛ばしているんだそうです。

 

なんで?

息子は結構な寒がり。もしかして上履きが小さくなったのか?とも思いましたが、サイズは問題ないようです。

じゃあ先っぽが細いから嫌だとか?ゴムバンドでホールドする「普通の」上履きだから脱げやすいとか?

 

色々考えてサイズを0.5センチ大きいのを買ってみたり、ぴったりするような高価な中敷きを買ってみたり。マジックテープでぴっちりホールドする「運動靴」タイプがいいのかも、ビニール素材じゃなくて綿素材が柔らかくていいかも…。

 

たかが小学生の上履きに結構な投資をしました。

しかしどれも効果なし。

 

何でなんだろう…?どうして履かないんだろう。外履きは脱いで裸足で帰ってくることなんてないのに。

そして冷蔵庫で食材を腐らせてしまって捨てることよりも、この「上履き投資」の方がものすごーくもったいない!と思ってしまうのはなぜなんだろう…(-"-)

 

 

本人になぜ上履きを脱いでしまうのか聞いても、案の定「わからない」んだそう。

朝学校に送っていって昇降口でバイバイするときは、きちんと上履きを履いているのに、どうしてだかそのうち脱いでしまうんですって。

 

そー言えば幼稚園でも靴下のままで歩いているのを時々見かけたなあ。その時は単純に「遊びのときに邪魔になるから」だと思っていたんだけど。

 

上履きを履かないので、靴下は非常に汚くなります。これは綺麗好きなママさんには許せない行為のようで…。実際、廊下で靴下のまま歩いている息子を見て、「やだ、汚いっ。何で?!」と露骨に嫌な顔をされたことがあります。そのあとじいーっと、私も見詰められてましたね。「どーいう教育してるのかしら?!」という非難の目でした。

 

こーいう反応に耐える力も、発達障害の子を持つ親は培っていかなければならないんだなあ…と思いました。もちろん、慣れっこになることはずっとないでしょうけど…。

 

 

しかし、本人にも何故脱いでしまうのかわからないのに「ちゃんと履いていられそうな上履き」を探すのって、難しい…。

 

そこで、発達障害で通っている病院の先生に聞いてみました。

先生が言うには「きっとむずむずするんじゃないかなあ?」

授業中だけど立ち歩きたい、でもやっちゃいけない、だけど動きたい…。そんな葛藤で足がむずむずするのかもなあ、と。(でも結局葛藤にはすぐ負けてしまい、うろうろしてしまうのですが…)

 

私もそれを聞いて調べてみたら、やはり同じように足がむずむずして、座っていてもやたら足をバタバタさせる、という症状がある、という事例を見つけました。

 

そうかあ。周囲にとって、息子の日常は「多動」そのものなんだけど、当の本人は、それでも少しは我慢しているつもり、なんですね。

その我慢が何だか足をむずむずさせてしまい、別に上履きを脱いだからといって治るわけではないけども、つい脱いでしまう…と。

 

息子はきっと自分でも理解不可能なこの感覚を、説明することができないだけなのかもしれないな、と思いました。

 

そう言えば支援クラスの子たちの中には、たまに上履きなしの子を見かけます。息子と同じ感覚なのかな?

 

理由が分かれば、私はもう気にならなくなりましたが。周囲の好奇な目は、何年か耐えなければならないだろうな。

結構キツイけども…。